漢方スタイルクラブカードの実力をカードレビューで確かめる

コアなファンが多い漢方スタイルクラブカードですが、ファンの交流サイトもあるようで、根強い人気を誇ります。

カードレビューなどネットで検索するとぞろぞろと出てきます。

漢方スタイルクラブカードも当初は欠点も多かったようですが、徐々に改良・強化されて現在の形があります。

まだまだ、カード申込時の書類郵送やカード審査に一週間程度かかる、カード自体がマイナーだとか、Mastercardが無い、クレジット限度額が70万円までと低い、キャッシング枠が少ないなど不便な点はありますが、そうした点を加味しても、総合的にはデメリットよりもメリットの方が相当に大きいのがこのカードの特徴でもあります。

カードファンのレビューでも、「ポイント高還元率なので、多少のことはガマンできます」とか、「徐々に淘汰されて今では使わなくなったゴールドカードもお払い箱です」とか、「月々の公共料金の支払いや電話代のほかに、保険料の支払いや年金の支払いにも利用しています」という人もいて驚きます。

ファンレビューでは、いろいろな利用事例が掲載されていて、こんなカードの使い方もあるのかと目を開かされる思いです。

簡単にできそうなのが、セブンイレブンやイトーヨーカ堂やIY各店で利用できる電子マネーnanacoへのチャージを利用して、漢方スタイルクラブカードのポイントとともに、nanacoの通常100円で1ポイントやハッピーディの割引やポイント5倍の日などを活用して、ポイント還元率3-4%を実現している事例でした。

こうした活用法なら、難なく日々のお買い物をカード払いに自然に代えられて、利用額も増え、知らないうちにポイントが貯まり、大変お得でしたということになるのでしょう。

あるレビューのなかには、若干の苦情として、カードのポイント付与の刻みを2000円で7ポイントではなく、もう少し小さな刻みで付与して欲しいとありましたが、nanacoとの併用であれば、それも若干改善できるのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ