良いことだらけの漢方スタイルクラブカードにデメリットはあるか

ポイント還元率が非常に高いことで、最近注目を集めている漢方スタイルクラブカードですが、その還元率はなんと1.75%です。

これは他社を寄せ付けない数字となっています。

公共料金や税金の支払いなどに使用すれば、高額な料金に還元率をかけるので、まとまったポイントを獲得でき、それを何らかの支払い時に割引として使用できるので非常にお得なクレジットカードだと言えます。

メディアなどで取り上げられている情報も含め、メリットばかりだと感じる人も多いかもしれませんが、一つデメリットがあります。

それは二年目以降は年会費が1575円かかることです。

初年度は無料なのですが、二年目以降は年会費を払って利用することになります。

あと、人によって感じ方が違うので、デメリットとまではいかないと思いますが、もし挙げるとすれば、クレジットカードを発行している薬日本堂の知名度の低さでしょうか。

ただ、歴史がある会社ですし、そういった知名度などが絶対に外せない条件だと考える人は別ですが、ポイントの高還元率という面から見ると、そんなに気にならないと思います。

逆に言うと、漢方スタイルクラブカードのデメリットはそれくらいになります。

申し込みもネットですぐにできますし、口コミによれば審査もあまり厳しくありません。

使っているだけで、高還元率でポイントを獲得できるため、これらのデメリット以上の恩恵にあずかれるのではないでしょうか。

クレジットカードを選ぶ基準というのは、非常に難しいです。

少し前なら、自分の良く利用する銀行であったり、デパートであったり、そういったところのクレジットカードを持つケースがほとんどで、クレジットカードは少し添え物といったイメージだったのですが、最近は、クレジットカードは節約のためのツールという意味合いも出てきました。

ポイントが全てではありませんが、節約につながるのであれば、そういう観点でクレジットカードを選ぶことも一つの手だと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ