漢方スタイルクラブカードの国際ブランドJCBとは

1.75%という高還元率クレジットカードとして注目されている漢方スタイルクラブカード。

誕生当初はJCBブランドのみだったのですが、2012年12月よりVISAブランドが追加されたため、どちらのブランドを選べばよいのか悩むことになりました。

VISAと言えば言わずと知れた世界シェアNo.1の国際ブランドの代表格ですが、一方JCBとはどのようなブランドなのでしょうか。

jcb

JCBは日本最大のクレジットカード会社です。

日本のクレジットカード会社でありながら唯一独自で国際ブランドを運営していることが特徴です。

海外での加盟店舗数はVISAにははるか及びませんが、日本国内の加盟店舗数はトップです。

海外での加盟店舗数が少ないということから、よく海外旅行をする人はVISAを選ぶことが多いのですが、グアムやハワイ、韓国のソウル、台湾、シンガポールなど日本人がよく訪れる海外観光地であればJCBでも十分通用します。

さらに、海外慣れしていない人にとって海外旅行の一番の不安と言えば言語面の不安ですが、その点JCBにはJCBプラザという心強いサービスがあります。

JCBプラザとは日本人が訪問することが多い世界の主要都市60ヶ所に設置されている日本語対応のサポートセンターで、現地の加盟店の紹介や各種チケットの取得代行、観光情報案内を受けられるほか、カードの紛失や盗難の際にも頼れる窓口です。

また海外旅行中に病気になったり事故に遭った場合にも年中無休、24時間受付のJCBプラザコールセンターに電話をすれば、現地病院の紹介、警察、保険会社への手続きなどについて日本語でサポートしてもらえますので安心です。

また、JCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーなので、ディズニー関連のキャンペーンを多数おこなっています。

中には完全貸切パーティーに招待されたり、特別ディナーが当たるといった魅力的なキャンペーンもあります。

ディズニーファンには見逃せないメリットと言えるでしょう。

また日本のクレジットカード会社ならではの国内加盟店関連の特典やキャンペーンを他にも数多く提供しています。

これらの特徴から考えると、日本人がよく訪れる海外観光地に行きたいが言語が不安な人、海外へ行く機会が少なく国内加盟店での特典やキャンペーンを重視する人にはJCBを選ぶメリットが十分にあると言えるでしょう。

カードお申込みの詳細については、公式サイトをご確認ください。
漢方スタイルクラブカード公式サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ