比較してみた、漢方スタイルクラブカード対リーダーズカード

漢方スタイルクラブカードと比較できるカードを探してみました。

JACCS発行のリーダーズカードと比較したところ、様々な違いが分かりました。

リーダーズカードはJACCS発行のクレジットカードです。

高還元率1.8パーセントで、漢方スタイルクラブカードより0.05パーセント高いところがあります。

さらにJACCSモール経由にてAmazonでショッピングを利用すると、Jデポジット0.5パーセントがプラスされ、合計2.3パーセントの還元率が実現します。

通常の還元率でも1パーセントはいかないのが普通でこれは驚異の数字といえます。

ただし、Amazon限定デジポットもしくはAmazonでのショッピングに限定されますので、Amazonを利用しない人には、さほどメリットは感じられないかもしれません。

海外旅行傷害保険費用やカード盗難、不正利用に関してはほぼ同じです。

リーダーズカードの唯一のメリットは年会費が次年度以降は条件付きで無料になります。

ショッピング年間50万円利用すると家族会員ともに無料になります。

これは月平均で、4万円くらい使う必要があります。

公共料金と携帯やインターネット料金などをすべてカードで賄うことができれば、実現に近づけます。

他にも還元率が高い、JACCS発行のクレジットカードで、レックスカードがあります。

レックスカードは価格.comでJACCS発行のクレジットカードでNo.1の人気を誇ります。

やはり高還元率が有名で1.75パーセントの還元率があります。

何を支払いしても1.75パーセントの還元をしてくれます。

しかし、年会費は2625円かかり、年間50万円以上使わない限り無料にはなりません。

総合的には現実味があまりない高還元率や年会費無料を特典と考えるのは難しいといえるでしょう。

漢方スタイルクラブカードは、初年度の年会費は無料ですので、高還元率のカードの中では、比較的申込みしやすくなっています。
また、漢方スタイルクラブカードは、カード発行後3ヶ月以内のショッピング利用額に応じて、Jデポがプレゼントされます。Jデポは、ショッピング利用金額からJデポ金額を差し引く形で利用できますので、非常に使いやすいポイントといえます。

このように漢方スタイルクラブカードは、無理な特典と無駄な還元を止めて、ユーザーに得することを徹底したサービスが人気の要因となっています。

更に詳しい情報は公式サイトにて、ご確認ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ