電子マネーへのチャージにも対応する漢方スタイルクラブカード

高い還元率で「一番お得なクレジットカード」として多くのメディアに取り上げられている漢方スタイルクラブカード。

利用先によって還元率が異なるクレジットカードが多い中、どこで利用しても同じ還元率が適用される点が多くの人の支持を集めています。

さらに、特筆すべきメリットのひとつに、1.75%というその高い還元率が電子マネーへのチャージにも適用されることが挙げられます。

電子マネーとは「電子的なお金、つまり金銭的価値を持つ電子データ」または「その電子データをやりとりすることによって決済をおこなう電子決済サービス」のことです。

電子マネーには専用のICチップに金銭的価値のある電子データを記録するIC型電子マネーと、金銭的価値のある電子データの管理をおこなうソフトウェアが組み込まれたパソコンなどを利用してインターネットを通じて決済をおこなうネットワーク型電子マネーがあります。

最近では、IC型電子マネーが増えており、カードや携帯電話に搭載されたICチップに金銭的価値のある電子データをチャージすることで繰り返し決済できる仕組みになっています。

現金を持ち歩かなくても、カードや携帯電話を読み取り機にかざすだけで決済できる手軽さから人気が高まっています。

電子マネーの先駆けはEdyでしたが、最近ではSuica、PASMO、ICOCA、PiTaPaなどの鉄道系のもの、nanaco、WAONなど流通事業者系のものが多く使われるようになりました。

これらの中で、漢方スタイルクラブカードを使ってチャージすることで1.75%の還元率が適用されるのは、nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCAの3種類のみです。

もちろん電子マネーのチャージに対応しているクレジットカードは他にもありますが、ポイント還元に関しては電子マネーへのチャージは対象外になることがほとんどですから、やはり漢方スタイルクラブカードのメリットは大きいですね。

nanaco

せっかくのこのメリットを活用するおすすめの方法は、漢方スタイルクラブカードでnanacoにチャージした電子マネーを使って各種税金を支払うことです。

そうすることで間接的にこれらの支払いをクレジットカードでおこなうのと同じことになり1.75%分の節約になります。

小さな金額でも積み重なれば大きな節約につながります。

自分で税金を支払う機会が多い人はぜひこのメリットを活用しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ